いらっしゃい!大将の、ウクレレマンおかはちデス。
九州・博多で、ただひとつ。24時間オープンしとぉ、つぶやき屋台やけん。
ゆっくり、していかんね。
博多のおもしろか情報に、たまには耳を傾けんしゃい。

ナイトシャッフル、げなげな。

このまえ。

おかはちの仕事場に、

博多の有名人が来たと、よ。

TVタレントのY.KさんとH.Dくん。

なんで?って?

その真相は、こんどの日曜日。

5月23日夜に、解き明かされるけん。見ちゃり。

FBSナイトシャッフル(夜10時30分~)

この部屋が、TVに映ります。

超ロングランCM♪雪うさぎぃぃ~~の

CMソングを作ったのはだれ???シリーズ解決編。

40数年前。東京の有名かぁー人が、

あの曲ば、つくったげなげな。

ジュンちゃん。

ほんと、いやぁーねー。

おとこのおしゃべりって。ふふふ。

ジュンちゃん、まだまだ乙女だから、

恋の話はわかんないのぉー、

なーーーーーーーんて、いいながら。

実は、女子の恋愛話が、

ばりばり大好きなジュンちゃん。

野口ジュンちゃんは、おしゃべり&歌&インドダンスが超得意。

おかはちと、CMソングいっぱい、いっしょに歌ってくれてます。

♪オーレック♪九食♪栄住産業♪オートマックス♪美々庵etc

きょうは、FM福岡で番組の収録中♪

番組タイトルは、ナ・イ・シ・ョ・・・・・

ジュンちゃんのHP検索は=ノグジュンゴッコ

www.fmfukuoka.jp

うまっつら。

おでん、ぐつぐつ。

「大将。きんちゃく、あると?」

「おれ。いも。お湯割り」

ここ、ほんもん(本物)の、博多の屋台。

福岡・赤坂。

警固(けご)交差点から8秒。

屋台『うまっつら』。

たのしかばーい。

落語の話になったら、

大将、いつもより、よぉぉぉぉぉーーーしゃべりんしゃーっちゃん。

小鳥のような、博多っこ。

最近、もぉーーーー。

めっちゃ、お気に入りのCD。

疲れた時の、心のマッサージに、心のお薬にどうぞ。

分山(わきやま)貴美子さん。福岡中央高校出身。

おかはちの後輩には、

JAZZピアニストの岩崎大輔さん、

お琴日本一の、河原伴子さん、

そして口笛世界一の分山貴美子さん、と。

コンサートホールでライブできる、

マジシャン、あ、違った、ミュージシャンがそろってるなぁー。

こんど、全員集まってもらって、

福岡中央高校OB文化祭ば、企画しよぉーっかなぁー。

PS*分山(わきやま)貴美子さんの NEW CDタイトルは、

くちぶえ天国(ビクターエンターテイメント)ですよー。

AMAZONでも買えまーすwww.amazon.com

大濠公園の、イケメン路上花屋さん。

日曜日の朝。

福岡のオアシス、

大濠公園を散歩してたら。

気象台の近くの、道路沿いに、花屋を発見。

「木、金、土、日の週4日だけ、並べてます」。

めっちゃ、感じがいい人だったんで。名前だけきいたとよ。

「原田って、いいます」

素敵なリーフレットも、もらいました。

奥さんからは

「リーフレットは素敵だけど、お店がねぇーー・・・」っていわれてるって。

がんばれー、笑顔のイケメン原田さん。

おかはち家のベランダで、

きょうも太陽に向かって咲いてますよ、

原田さんが育ててくれてた、アフリカの白い花「ガザニア」。

Be Green(ビーグリーン)090-9615-1252

(原田さんの携帯デス。原田さん作成のリーフレットより転載しました)

ももちの、早起きラジオ局。

ウクレレ♪ぽろりん~

毎週土曜日の朝9時30分ごろは、

福岡タワーのお隣、ももち(福岡市)におるとです。

RKBラジオ『どんどこサタデー』に10分間だけ生出演中。

新緑まぶしい窓をながめながら、たのしいおしゃべりをしているのは、

あんちゃんこと安藤豊さんと、さっちゃんこと葉山さつきさん。

10分間だけ、3人で、わいわいおしゃべりして歌ってます。

『福岡日産 週刊こんにちは おかはちです』(毎週土曜9時27分~)

この日は、

氷ぜんざいが食べたーーくなった時のおすすめのお店の話をして、

ウクレレで♪風になりたい、を歌ったっちゃん。

めっちゃ、気持ちよかったぁーー

あたらしい飛び道具の本。

多いとよねー。

Twitterしよぉー人。

ボク、おかはちは、Twitterする人の文章を読むだけの人。

蓮舫のTwitter、よく見よーとです。

「きょうの子供のお弁当は、ショウガ焼き」とか、

(必殺仕分人のときには、エリを立てないほうがいいですよ)というコメントにも、

「はい、きょうは立てません」とか。

あげん忙しいとに、よぉー、リアクションまで書けるね、って。

感心。感心。

そんなTwitter社会の本屋さんで見つけたのが、この本。

『広告はもういらない!』という帯キャッチフレーズ、挑発してるなー。

そろそろ、この本と対決しちゃろーかねぇー。

謎の抜け穴。

龍馬が、長崎へ走っている頃。

江戸の博多は、黒田藩。

お殿様が、

「すわっ、お家の一大事じゃ。

命ば狙われるけん、

この井戸から消えるばい」

というときの、抜け穴がここ。

と、いう噂話を聞いたことがあります。

福岡市中央区から出口になっている南区の穴観音まで、およそ6キロメートル。

ほんとに地下道が掘られているらしい!?

「そういえば、子供のころもぐったことがあるばい」という、

博多のおいしゃんの話を聞いたことがあるっちゃん。

しっとぉ~やぁ~♪

博多弁の練習ば、したかなら。

この漫画ば、まずは、読みんしゃい。

『博多っ子純情』。

ブックオフで、見つけて。

「なつかしかぁーーーーーーっっっ」

心の中でガッツポーズしたあと。

全巻(34巻)買ったとば。また読み返しよります。

第1巻の定価480円。

1977年(昭和52年)、初版発行。(左の黄色の表紙)

第1話(しェからしか)2話(くらさるうぞ)3話(しろしかあ!!)

4話(しっとおや?)5話(おりょりょ)6話(しきりきらん)

この前、作者の長谷川法世さんにあったら、

流行のiphone(softbank)やら、つかいよんしゃった。

「わっ、法世さん、つやつけとぉー」

「うんにゃ、iphoneは、デジカメだけつかいよーと。

電話は、docomoくさ、おかはっちゃん」げな。

はやりもんにすぐ飛びつくばってん、

実はいまのライフスタイルをすぐに変えきらん、

そんなアナログチックな人生の法世さん、

ほんわり温かいよかー人でーす。

のこのしまウクレレハイキングVOL6

のこのしまには、優しい神様がおるとです。

お天気の神様です。

ことし6回目、

のこのしまウクレレハイキング。快適な薄くもり空。

朝10時30分~夕方5時30分までのステージ。

出演者は、170名近く。

見守ってくれたお客様は、500人強。

うれしい、うれしい、うれしい。

「来年もまた来るけん」。

このひとことが、いちばんの励みです。

 

能古島の漁協のみなさん、ありがとうございます。

来年も、どうぞよろしくお願いします。

オーシャンズキッチンの杉本シェフ、ありがとうございます。

受付、PA、進行、手伝ってくれたみなさんに心から感謝します。

5月の能古島を代表するイベントにしたいから、

来年は、土日の2DAYS開催も決定しました。

2011年は、5月14日(土曜)&15日(日曜)の2日間開催。

たくさんのかたにステージを開放するけん、

能古島のみなさんも、いっぱい歌って踊ってください。

能古島のあさりのにぎりめしやら能古の夏ミカンを販売したり、

能古島が、もっともっともりあがる、

島の駅みたいな産直イベントになりますように。

口笛世界一の分山(わきやま)貴美子さんもレギュラーゲストになりますように。

マハロ~♪