いらっしゃい!大将の、ウクレレマンおかはちデス。
九州・博多で、ただひとつ。24時間オープンしとぉ、つぶやき屋台やけん。
ゆっくり、していかんね。
博多のおもしろか情報に、たまには耳を傾けんしゃい。

ビビアァァァァァ~ン♪

もし。

福岡市で、西鉄大牟田線に乗ることがあったら。

福岡駅から4つ目、大橋駅で降りましょう。

東口の、バス停ロータリーにでて、

左へ、高架沿いに歩いて45秒。

うなぎの黒田屋の角をまがった

そのまんまえのでっかいビルの1階が、

十割そばが、めちゃうまの

『美々庵(ビビアン)』。

夕方5時まで、十割そば専門店。

夜は、そば湯を使った鍋物も出る居酒屋。

まずは、お昼、ちらーーとのぞいてみて、みて。

女性に人気の、

きさくな、しゃれた、おそばやさん。

(美々庵 ℡092-541-2578

福岡市南区大橋1-1-17)

スロンチャ。14歳。

福岡でも、珍しい。

本格アイリッシュバーが、

あるとです。

赤坂のケヤキ通りのすぐそば。

赤坂郵便局から5秒。

『スロンチャ』。

1杯ごとに支払う、キャッシュスタイル。

スポーツバーのように、

ヨーロッパのサッカー映像が流れていて。

マスター伊藤さんの、

さりげない笑顔と、会話がごちそうで。

隣の人とも、すぐ友達になれて。

福岡在住の外国人が、よく集まる店。

自由な空気。

よかよぉー。

オープン14年、おめでとー、伊藤さん。

ここまできたら25周年まで、

ご近所仲間のおかはち、つきあうばーい。

(スロンチャ ℡092-712-8580

福岡市中央区赤坂1-3-21中川ビル1階)

看板娘は、いま何才?

博多で2番目に

かっぽうぎが似合うこのおばぁ・・・・・、

あ、失礼!

このおねえさま♪、看板娘!?の

「あ、いらっしゃい、久しぶりやねー、

元気しとったと?」が聞きたくて。

コツコツ、通いよーとです。

博多名物。

角打ち酒屋。

(かくうち、ですよー、かどうち、じゃないとよ)

宮原酒店。

ほんとは、こーゆーお店は、立ち飲みなのに、

ここは「よかよか、座りんしゃい」と

まぁまぁ、介護系!?酒屋??。

奥を守る若奥さんは、野鳥が歌う声が、大好き。

若奥さんは、だいたい年齢わかるけど、

看板娘の、おばぁ・・・あ、失礼!

おねえさまは何才?かいなぁー。

「まー、この人、失礼かねぇー、女性に歳ば聞きよんしゃー」。

すんまっしぇん。

女性は、何年たっても、賞味期限は切れんとやねー。

宮原酒店(福岡市中央区今泉2-1-1。

℡092-741-0529)

のどか。いこ、か。鹿児島。

のどかーな空気と。

おだやかな日差しが、ごちそう。

鹿児島県霧島市隼人。

嘉例川(かれいがわ)駅。

JR九州の

キャンペーンポスターにもなった駅。

鹿児島空港そばの、

草刈り機メーカー・オーレックの、

MBC(南日本放送)ラジオカー取材の後

ちょっと立ち寄って、カシャッ。

現在107歳の木造駅舎は、

ほのぼの元気デス。

6月の艶。

博多で、よぉー、言うとです。

「つやつけとぉー♪」

かっこつけている、という意味。

中学生のときとか、

同級生が、

マンシングウェア(胸元に、ペンギンマークの

ワンポイントマークが着いとぉーポロシャツ)やら

着とったら、よぉー、いいよったとです。

「なーん、つやつけとぉーとやぁー」。

でも、同じツヤでも、艶という漢字は色っぽい。

早朝の福岡・舞鶴公園(福岡城跡)のお堀。

ウォーキング途中に、満開の菖蒲の花、発見。

この花に、さわやかな熟女の芳香を感じるのは

ボクだけ?????!!

ふふふ~、妄想(もうそう)族!?のおかはち。

朝から、ほんとに、もぉー。

♪HAPPY BIRTHDAY エフエ~ム fukuoka~♪

きょう、

FM福岡の、オンエアーで。

「開局40年記念のケーキが届きましたよ~」

とモーニングジャムチームが、

はしゃいでたのは。

このケーキ、です。

久留米の♪スウィーツ~

銀のすぷーん制作の、

アニバーサリー・スペシャルケーキ。

何がすごいかって?

FM FUKUOKAの前にある、

ブルーのロゴマークを

キレイに描いてくれているところでしょー。

いま、

世のなかでいちばん大切なことは、

気持ちを運ぶこと。

人を想う気持ちを運んで、40年。

ぼく、おかはちが、

中学1年生の時の6月1日に、開局して。

40年間、休まずに歌い続けているFM福岡。

ごくろーさま。

身内の記念日のように、うれしかー。

シジミ ビビンパ。

韓国・釜山。

旅のシメ。いえいえ、

メシ、朝メシは、

シジミビビンバ。

昨夜、車で鄭さん宅まで案内してくれた

娘さんの鄭美善さんが

朝8時、連れてってくれた

『サムジン川シジミスープ店』。

すごいとよぉー。

24時間営業。メニューは3つだけ。

なんか、博多の長浜ラーメン元祖、のごたぁー!

銀のスプーンで、よいしょ、よいしょとこねて、ひとくち。

ふぁー、シジミたっぷり、ゴマの葉、コチジャン、ヨカジャン!!

肝臓が大喜びの朝メシ。

600円少々。

うますぎばーーい。

チェフェハダ~(再会)。

韓国。釜山駅前。

泊まっていたのは、

東横イン17階。

(写真上。左)。

今回の旅は、

10数年前の旅で、

お世話になった、

鄭(テイ)さんの

病気お見舞い。

(3人の写真右=鄭さん)

釜山駅から車で数分後。

4階のご自宅のドアの前に立つ、

鄭(テイ)さんの懐かしい顔を見るなり、

間島しぇんぱい&おかはち、

涙、涙、涙・・・・・・・の再会。

脳梗塞と聞いていたので、

もしや床に伏せているのでは、

という心配は・・・・・、

よかったー!思いすごしやったー!

多少、

言葉が出づらい時もあるけど。

鄭(テイ)さん、顔艶もよくて、うんうん、ひと安心。

娘さんの、鄭 美善さんに、

「せっかく来ていただいたので」と、

夜のドライブ、広安里(カンナァーリ)へ。

イルミネーションの橋を見ながら、

日韓の心がひとつになった、

よかぁーーー、最高の夜、やったー。

鄭さん、また、間島さんと会いにいきますよー。

チャル モッケ スムニダ(いっただきま~す)

首からiphoneぶらさげて~。

やってきました、

韓国・釜山駅前食堂。

(飛行機で釜山まで30分。

釜山空港から、

釜山駅前のホテル東横インまで

バスで40分!?)

この食堂、名前も知らんけど、ガチンコで入ったとよ。

しぇんぱい間島さんは、海鮮ビピンパ、

おかはちは、牛の煮込みチゲをガツガツたべて。

大好きな、

メクチュ(ビール=それも韓国hiteビール)を3本。

ぐびぐび、胃袋に流し込んで。

ふたりで18000ウォンで、お釣りチャラリン。

ひやぁー、ひとり900円ちょっとで、酔えたぁー。

うまいぜ、やばいで、はまるぜー、韓国。

ウヒヒのヒ。

プサン、ぶらぶら。

博多から、空をまたいでヒューーーーン。

きょう夕方から、

おかはちは、釜山ぶらぶら、するとです。

今回は、

日韓交流博多会『ナドリ倶楽部』の、

先輩:間島栄一さんと、ふたり旅。

10数年前、とってもお世話になった

テイさんお見舞いの旅。

この韓国指さし会話集だけが頼りの3日間。

(もちろん、間島さんのネイティヴな韓国語も

あてにしとりまーす。迷子になったら、どげんしょ・・・・・)

ケンチャナヨ!