ひなたの道、いいねー。

サッチモちゃん役の、深津絵里が化けた。岡山弁に包まれた演技が、恐ろしくいい。毎朝、目頭が熱くなる。TVドラマの話だ。NHK朝の連ドラ。JAZZも静かなブームらしい。いいね。

昭和のまんまの小鳥屋さん。


大分市竹町近く。昭和のまんまの小鳥屋さん。ジュウシマツがいた。文鳥がいた。昭和のおばあちゃんが立ってた。瞬間、僕は西鉄ライオンズの野球帽をかぶったハチロー少年になっていた。

♫グッドモーニング・オオイタ~

16年前。大分の空にボクの声が流れていた。どんな人たちが、毎日聴いてくれていたんだろう。朝の通勤、楽しみにしてくれてたかな。この道を歩いて、朝5時スタジオに向かってたなぁ。

空を泳いできた、椰子の実。

椰子の実が、うちにある。海を泳いできた?いえいえ、空を泳いできた椰子の実。ハワイでいちばん小さな島・モロカイ島の郵便局から、空を飛んできた実。いつか、海を泳がせてあげたい。

オカメちゃんのかかりつけ。

小鳥から象まで、というキャッチフレーズが気にいって。通っているペット病院『アイドル』。うちのオカメインコ・くうくうちゃんの、かかりつけ。宇山里奈先生は、小鳥にすごく優しい。

昭和香る、人形小路。

田、と書いてデン。福岡・中洲・人形小路の味噌汁屋。わずか8席のカウンターの店。今夜も「あ、いま満席なんですよー」の声が飛び交う。JAZZが流れる味噌汁屋は、なかなか無か

まずは、俳号をきめなきゃ。

最近、本屋に行かなくなった。Amazonで楽買い。コピーライターなのに、歴史に弱い。スポーツに弱い。そして俳句に弱すぎ。てなことで、買ったのだ。俳句授業の本。さぼるなよー。

2オクターブ半の、宇宙。

CATSが黒テントで福岡に舞い降りた32年前から。劇団四季の公演を追う。今夜のアンドリュー・ロイド=ウェバーコンサート、圧巻だった。真瀬はるかの2オクターブ半の声。宇宙だ。

唐津の器、福岡着陸。

唐津南蛮焼の始発。陶の旅人・中里隆さん。そのDNAは息子の中里太亀さんへ、孫の中里健太さんへ渡っていった。3人で作品展するなんて、うらやましい。親子がライバル。たぶんね。

声の魔女たち。

声だけで、南米アンデスの甘い植物ヤーコンを紹介できる。それも、わずか5分で。KBCラジオレポーター、アイタガールのふたりは、農家から話を巧みに引き出す。陽気な声の魔女たちだ。