♪Happy Valentine’s Day♪

サル年のおかはち。

陽気な、

ハートはちろーザルと、

美味しいフランスのチョコ、もらいました。

シ・ア・ワ・セ。

ドラマによくでてくる、イチョウ並木。

東京の

ドラマによくでてくる、

神宮外苑の

いちょう並木道。

だぁーれも、

おらん(いない)ごたぁーけど。

このあと、バスツアーの

おばちゃまがたが

ゾロゾロゾロ~。

たまがったぁー。

糖尿病ごはん、調理教室の日。

きょうは、月に一度の料理教室の日。

南昌江内科クリニック2階。

料理に参加したのは4人ですが、

西日本新聞と毎日新聞の取材が入って、

いつになく、にぎやか♪

 

 

 

 

きょう、作ったメニューは、

鯛の道明寺蒸し、

温野菜のくるみ味噌和え、

水菜のりんごみぞれ和え、

投入ごま豆腐、

しょうがごはん。

あわせて499Kcal.

 

 

 

 

 

京都にいるような気分の

素敵なランチでしたー。

ばってん、ハプニングが

あったとです。

詳しくは、

あすのおかはち屋台で。

 

 

 

 

 

熊八 vs おかはち。

負けたー!

熊八さんの手のほうがデカい。

いやいや

デカすぎ。

別府のPR観光の父

油屋熊八さんの手形。

別府公園にあるけん、

トライしてみて、みなさん。

昭和3年には、

早くも日本で最初に

別府のPRのためにと

バスガイド付きの観光バスを走らせた、おいしゃん!

熊八さん。

まさに、いまでいえば

熊八広告代理店。

別府でもめちゃうまの

お料理を出す、

HOTEL白菊のお隣が

別府公園だよー。

めちゃ広い、大好きな公園です。

おかはちバースデー♪GO!GO!

まー、

♪シアワセ

あま~い

誕生日になりました。

おかはち、

きょう11月8日55歳のバースデー。

FM福岡の

ラジオカー中継立ち合いで、

久留米・銀のすぷーんでの

うれしいハプニング。

女子に囲まれると

ほぼ女子高!?(福岡中央高校)出身の

おかはち、

うるるんうれしい。

たくさんの祝福、ありがとうございます。

 

♪ご報告

きょう55歳の誕生日を機に、

おかはち、

名前と事務所名を変えました。

 

新しい名前は 岡部八郎。

新しい事務所名は、おかはち事務所です。

あらためてよろしくお願いします。

移動読書の秋。

文庫本は、いいねー。

絵がないから、

空想壁のある、

おかはちにはピッタリ。

主人公が、犯人が、

不倫をしている女が、

どんな顔なのか?

どんなスタイルなのか?

勝手に空想しても、誰からも怒られんし、

逮捕されんもんねー。

先週までハマって読破したのが、

沼田まほかる著、新潮文庫の

『九月が永遠に続けば』。

これ、本の雑誌のおすすめ文庫王国1位!

韓流映画並みの、事故失踪続きのストーリー。

いま読んでいるのは、

伊坂幸太郎著、講談社文庫の

『モダンタイムス』。

システムエンジニアのいまどきの、ストーリー。

主人公の妻がおそろしく怖い女で、

この役は誰が演じたらオモシロイか、

そのことばかり空想しながら読みよーとです。

バスの中で、西鉄大牟田線の中で、地下鉄で、

飛行機の機内で。

どっぷり、空想の世界に浸れる

文庫本、移動読書の秋、

いちばん好きな季節やねー。

 

 

薬局にも、置いてまーす。

こちらの薬局でも、人気。

『アイデアいっぱい 糖尿病ごはん』。

この本をつくった、

南昌江内科クリニックのお隣、

一心堂薬局に、

さっそく届けたら、

キャー、きれい♪かわいい♪、と

なかなかの人気者に。

スウィーツのページもあるけん、

まずは眺めて楽しんで、

それから、ヨーーシっ、と

お料理の腕をふるってみてくださいな。

 

できたてほかほか、料理本。

うれしーーーーっ。

笑顔でしょ?

だって、

1年近くかけて作った料理本が、できたんです。

まさに、できたてほかほか。

『アイデアいっぱい 糖尿病ごはん』。

喜びの顔、南昌江内科クリニックの皆さん。

左から、

南昌江先生(院長)、

田村あゆみさん(管理栄養士)、

泉田英子さん(管理栄養士)。

3人の笑顔を撮影したのは、

この料理本の企画、編集担当の『おかはち』。

この本、1500円で、

全国の書店&ネット書店(AMAZONなど)で

販売中です。

あっ、おかはちにメール&電話もらえれば、

おかはちの、なごみのウクレレ演奏付きで!

配達しますよーーーー。ブッブー♪

 

 

 

 

予約が、はじまったよー。

そーとー、

話題になりそうな予感です。

『アイデアいっぱい糖尿病ごはん』。

10月27日、

アマゾン、全国の書店で発売。

南昌江内科クリニックの南先生と、

管理栄養士の田村さん、泉田さんが執筆。

おかはちは、企画&編集で参加しました。

タイトルは、おかはちが考えたとよー。

(ちょっと自慢♪)

今週から予約スタート、

欲しい!という方は、おかはち屋台にメールください。

1500円(税別)で、

じぇーーーったい、ソンはさせませーん。

ホント、ヨ。

(めっちゃおいしい写真ばかり)

雲の上で、一献。

コピーライターの先輩、です。

児島光郎(みつろう)さんと、いいます。

昨年12月25日。

クリスマスの日に逝去。

ことし初盆、でした。

玄関に、

まんまる、

よか顔のお地蔵さん。

児島さんが、大好きだった

地蔵さんは事務所の守り神だったらしいとです。

お酒が好きで、話が好きで

たくさんたくさん、ニコニコしながら

話してくれた児島さん。

お礼に、おかはち、

ウクレレで、

仏壇の前で、

♪酒と泪と男と女、を歌いました。

♪飲んで~飲んで~飲まれて飲んで~

♪やがて男は~静かに眠るのでしょう~

児島さんのテーマソングやなぁー。

仏壇の写真、めっちゃよかったけん、

奥さんにお聞きしたら、

写真家アラーキの激写、とか。

亡くなっても、話題がつきない児島さん。

おちょこ片手に、おやすみなさい。